施工業者を選ぶ

環境にやさしく経済的にもメリットが大きいといわれる太陽光発電ですが、太陽光発電システムはもちろんのこと、その施工販売会社が注目されています。
太陽光発電システムの施工はビジネスになるということから、メーカーの販売代理店やフランチャイズ店だけでなく、住宅メーカー、家電量販店、テレビ通販などもこの事業に参加しているため、消費者としては選択肢が増えてきている状態です。
このような選択肢が増えていくことは良いのですが、なかには悪徳な業者も多く、金銭トラブルや施工技術に関するトラブルまで、さまざまなトラブルが問題視されています。
では施工業者選びに失敗しないようにどのような点に注意することができるのでしょうか。
まず取り上げることができるのが、複数の施工会社に見積りをお願いするという方法です。
複数の会社から一括見積もりなどをしてもらうと最安値がわかりますし、だいたいの相場などもしることができるでしょう。
ちなみに発電量1kWあたりのシステム価格が60万円というのが太陽光発電システム導入の補助金受給の上限になっていますので、それをオーバーしないようにも注意が必要です。
この太陽光発電システム導入に際して現地調査というものがあり、その調査によって、設置する屋根の状態、屋根から室内への電気配線、その他の調査が行なわれることにあっています。
ここで注目したいのがその業者が調査結果をどのように説明してくれるかという点でしょう。
しっかりした施工業者では、現地調査の結果が、見積書や提案書にどのように反映されたのかをきちんと説明してくれるかなどをしっかり説明してくれます。
また業者によっては実際に屋根に設置した場合の合成写真を用意してくれるところもありますので、施工後のイメージを知りたいというのであれば、このようなサービスがオススメです。
さらに施工において注意したいのが保証やメンテナンスに関してでしょう。
ソーラーパネル自体はそこまで壊れてしまうことは少ないのですが、精密機械であるパワーコンディショナなどは定期的な点検が必要になってきます。
もしトラブルが起きた際にはどのような保証があるのかや、定期点検などにはどれほどの費用がかかってしまうのかなども確認しておきましょう。
また各メーカー指定の施工業者であれば「施工ID」というものを持っており、メーカーからの保証などが受けられるようになっていますので、利用するのであればそのような資格ある業者を選びたいものです。

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.