ソーラーローンとは

売電制度などによって注目されているのが太陽光発電になりますが、初期費用がかかってしまうというのがデメリットになっています。
しかし初期費用が用意できないという方のためにソーラーローンといわれるローンが存在しているといわれています。
このソーラーローンというのは低金利で担保なしで融資が受けられるというのが特長になっており、初期費用をかけないで太陽光発電システムを導入したいというような場合にはオススメの制度になっているといえるでしょう。
ではそもそも太陽光発電の導入にはどのくらいの費用がかかってきてしまうのでしょうか。
ひとつの目安として、1kWあたりの単価が50万円以下だといわれていますので、平均的な一戸建ての場合200万円前後はかかってきてしまうようです。
しかし国や地方自治体でも補助金などを提供していますので、それよりも安くはできるかもしれませんが最低でも100万円はかかってきてしまうことでしょう。
この太陽光発電のメリットは上記にも書いたように売電制度になるわけですが、10年前後で初期投資分は回収できるといわえているものの、最初に100万円単位の費用を準備するのが難しいという方もいることでしょう。
そのようなわけで、ソーラーローンを活用されている方はすくなくないようです。
このソーラーローンを導入している銀行や信用金庫などの金融機関は多いのですが、一般的なローンと比較して圧倒的に低利息で、しかも担保も不要になっているので、これまで融資を受けたことがないという方でも気軽に活用することができるといえるでしょう。
太陽光発電の発電量にもよりますが、順調にいけば売電と節電によって得られた費用で毎月のローン分を返済していくことができますので、費用対効果でみても優れていると結論できるでしょう。
現在このソーラーローンを提供している金融機関にはさまざまなものがありますが、変動金利で1.90%というところから、固定金利で3.60%のところまであり状況に合わせて選ぶことができるようになっています。
また返済期間やほかの条件などにおいても各金融機関によって違いがありますので、それぞれを比較して自分にあった金融機関のソーラーローンを選ぶと良いでしょう。
またユニークな取り組みとしては、神奈川県の場合「かながわスマートエネルギー構想」という取り組みを挙げることができますが、神奈川県内の8つの金融機関が賛同してローンを展開しており、より有利な条件でソーラーローンを活用できるようにしています。

環境・太陽光発電情報!

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.