設置に関する

今注目されている太陽光発電に関してはさまざまなメリットがあるとされています。
例えば節電になることや、余った電気を売って副収入にできるという点などがあります。
また二酸化炭素削減にも効果的だというメリットもあり、個人はもとより企業からも注目されています。
しかしあまり注目されることがないのが、太陽光発電を導入することによるデメリットです。
では太陽光発電を導入するにあたってのデメリットにはどのような点を挙げることができるのでしょうか。
いくつか挙げることができますがまず言えるのが初期投資分の費用の高さでしょう。
例えば4kWの標準的なシステムを一戸建住宅に導入する時のコストは200万円前後といわれていますので、その費用は少なくありません。
しかし最近では国や地方自治体の補助金、余剰電力の買い取り制度などもすすめられてきていますので、時間とともにこれらの金額は回収できるといわれています。
最初に投資費用を準備するのが難しいというのであれば、ローンなどを活用することもできますし、メーカーなどで独自に出しているものを活用するというのもひとつの方法です。
また太陽光発電の導入で考えなければいけないのが、天候や立地条件によって発電量が変わってきてしまうという点でしょう。
晴天時と比較すると、曇天時は30〜50%、雨天時は10%程度になってしまいますし、自宅の屋根の向きや形、さらには建物や樹木の影などによっても発電量は変化していくことでしょう。
この点で重要になってくるのが、面積や方位といった設置場所の条件にあわせたソーラーパネルの種類をしっかり選ぶということ、そして信頼できる施工販売会社にしっかり設置してもらうということでしょう。
またこれらの太陽光発電は永久に使えるものではないというのも覚えておきたいポイントです。
基本的にソーラーパネル自体は単純になっているのですが、パワーコンディショナは、多くの電子部品が使われている精密機器ですので故障のリスクも少なくありません。
それで定期点検などは必須になってくるといえるでしょう。
メーカーによってはソーラーパネルを含めた機器の保証期間や修理を積極的におこなってくれるところもありますので、長期的な観点で考えるのであればこのような保証内容や保証期間がしっかりとられているのかを確認しておくのは良い点です。
太陽光発電システムには上記のようなデメリットがあるわけですが、どの点に関しても予防策や対処策などがありますので、しっかり予期した上で設置するようにしましょう。

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.