災害時の活用

地震や津波など自然災害が問題になっており、災害時の電気の確保などは多くの方の関心事になっています。
この点で注目されているのが太陽光発電で、災害にあったとしても、設置した太陽光発電システムが無事であれば電気を変わらずに使い続けることができるようになっています。
太陽光発電システムには自立運転という設定がありますので、これを選択することによって非常災害時に、非常用電源として太陽光発電を使うことができるようになっています。
ではこの自立運転というのは、どのようなものなのでしょうか。
そもそも太陽光発電というのは、夜間や発電量が少ない時は、電力会社からの電気を使うように設定されているのですが、自立運転を選ぶことによって、すべての電力を太陽光発電にして完全に自立することができます。
ちなみに一度に使用できる電気量は、最大1,500Wになっていますので、テレビをみたり、携帯電話を充電するには十分な電力を得ることができるようになっているといえるでしょう。
しかし注意しなければいけないのが、太陽光発電システムを導入することでは自動的に災害などに備えることができないという点です。
というのも太陽光発電システムというのは一般的に、電力会社と連係していますので停電してしまうと、その時点で使い物にならなくなってしまうわけです。
それで重要になってくるのがパワーコンディショナといわれるもので、このパワーコンディショナによって太陽光パネルで発電した直流の電気を、家庭内で利用できる交流に変換することができます。
それでパワーコンディショナがしっかり機能できるようにしていないと、災害時には役にたたないので注意しましょう。
さらに注意できるポイントといえるのが、災害時などには自立運転用コンセントからしか供給されないという点になります。
つまり他の場所のコンセントや天井などに付けられている照明器具などは使えなくなってしまいます。
さらに太陽光発電であればしょうがない点ですが、曇や雨などで日が当たらないと発電量も少なくなってしまいますし、日のない夜間なども太陽光発電を使うことができなくなってしまいます。
また上記に1,500W以下であれば家電は使えると書きましたが、掃除機・洗濯機・冷蔵庫などのモーターを使用している機器や大型テレビは電力の変動が大きく、場合によっては使うことができなかったり、容量オーバーになってしまうことがあるので注意しましょう。

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.