システムの種類

クリーンエネルギーとして注目されている太陽光発電ですが、さまざまなメーカーから発売されているためしっかりした予備知識を持って選ぶ必要があります。
この太陽光発電システムを選ぶ上で重要になってくるのが、太陽光発電システムの中核をなす太陽電池になります。
この太陽電池にはシリコン系と化合物系の2種類のものがあり、シリコン系には、単結晶シリコン型、多結晶シリコン型、アモルファス型、さらには有機系とよばれるタイプもあるので、それぞれの特長を活かして選ぶことが必要です。
では太陽電池とはどのような役割を担っているのでしょうか。
太陽光のエネルギーを電気に変換するのが太陽電池のおもな働きですが、肝心なポイントになってくるのが「変換効率」といわれる装置になります。
これは光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合のことですが、1000Wを100%として、1あたりの発電量がどのくらいになるのかがパーセントで表記されていますので、この変換効率が高ければ高いほど、小さな面積で大きな電力を得ることができると考えることができます。
この変換効率などの性能も高く信頼性にすぐれている太陽光発電システムが単結晶シリコン型になります。
しかしこの単結晶シリコン型の場合、高純度のシリコンを使わなければいけないので、初期費用などが高くなってしまうのが難点だといえるでしょう。
多結晶シリコン型の太陽光発電システムは、この単結晶シリコン型に比べると安くなっており、量産化型になっています。
以前ではこの多結晶シリコン型は単結晶とくらべて効率などが悪かったのですが、今では生産性なども高く、性能などもほぼかわらなくなっています。
原子が不規則な状態になったアモルファスシリコンを使ったタイプもありますが、温度特性がよいという利点があります。
ほかにも温度が上昇しても変換効率が落ちないので、暑い地方などはよく利用されたりしています。
また新しい技術としては、結晶シリコンとアモルファスシリコンを重ね合わせた、ハイブリッド型(HIT型)とよばれる太陽電池もあり、それぞれのメリットを活かせる設計になっています。
シリコンを使わない化合物系もありますが、温度特性がよいことや、光に対する感度が高いというメリットと、変換効率が悪いというデメリットがあります。
このように太陽光発電システムの材質によってかなり変化や特長がありますので、それぞれの特長を活かしてメーカーを選ぶと良いでしょう。

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.