設置に関するコスト

産業だけでなく個人でも設置がすすめられているのが太陽光発電システムです。
このような人気を後押ししているのがさまざまな補助金制度です。
実際に太陽光発電システムを導入しようとしているのであれば、システム価格と工事費だけではなく補助金や、おれから削除できるといわれている光熱費や売ることのできる電気代についても考えておくべきです。
このように太陽光発電導入を考えるにあたって考えることができるのが「1kWあたり55万円」という目安です。
この具体的な数字は「太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)から給付される2012年度の補助金は、太陽光発電システムの導入価格が、1kWあたり55万円以下に限り、交付される」という決まりがもとになっています。
1kWあたり55万円というと高く感じるかもしれませんが、1993年当時の太陽光発電システム導入費用は、1kWあたり370万円以上だったことを考えるとだいぶリーズナブルになっているといえるでしょう。
ではこの太陽光発電の補助金としてはどのようなものを挙げることができるのでしょうか。
国や自治体によってもさまざまなものがありますが、それぞれ申込期限などがあったりしますので、うっかり申込期限がきれてしまったということがないようにあらかじめ調べておくと良いでしょう。
また太陽光発電システムのメーカーによっても違いがありますが、住宅金融支援機構で割増融資が受けられる「ソーラー住宅システム」に対応している場合、当社システム出力3.00kW以上のシステムを設置した場合、200万円の割増融資が受けられることになっています。
さらに太陽光発電メーカーによっては特別低利融資を設けている場合もありますので、メーカーを決めるさいに参考にしてみてもよいかもしれません。
またランニングコストを計算する上で考えることができるのが、2012年7月からスタートした固定価格買取制度になりますが、太陽光発電の買取価格が1kWhあたり42円になっていますので、10年もあれば初期投資分が回収できるといえるでしょう。
しかしこの値段設定に関しては批判的な声も出ているようで、高めの価格設定はこれから時間とともに少なくなってくるといわれています。
ちなみに42円の買取価格は20年間(住宅用の場合は10年間)となっていますので、太陽光発電の設置を考えているのであれば早めの設置を考慮にいれるとよいかもしれません。
太陽光発電に関しては上記のようなトータル面でのコスト計算などが重要になるといえるでしょう。

環境・太陽光発電情報!

  • Do you need a hairpiece?Select high quality hairpiece products varied in style.material and human hair type from certified hairpiece manufacturers.

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.