メーカーによる違い

どのような機械でもメーカーによって機能などが違うものですが、太陽光発電もメーカーによってさまざまな違いがあります。
違いといっても機能的なものから、見た目に至るものまであるので、さまざまなメーカーを見比べてどのメーカーがふさわしいのかを見極めることが必要です。
では具体的にどのような特長があるのでしょうか。
ひとつとしてシャープを挙げることができますが、シャープブランドならではの信頼度が大きな特長といえるかもしれません。
またラインナップも豊富で、屋根の形状に合わせて効率よく設置できる「屋根置型」もあれば、瓦屋根との調和を目指した「平板瓦一体型」などもあるのでそれぞれの必要に合わせてえらぶことができます。
機能面で注目できるのが高機能なパワーコンディショナでしょう。
このコンディショナによって発電した電気を無駄なく使うことができますので、短期間で初期投資分が回収できるといえるかもしれません。
さらに野外設置式になっていますので、音に関してもうるさくありませんし、熱もこもりにくいといわれています。
さらに太陽光発電の分野ではトップブランドの京セラですが、さすがプリウスなどでも採用されているだけあって高い信頼を得ています。
材料となるシリコンの鋳造からパネル完成まで一貫して社内で製造しているので、高い品質を維持しており、約1年間にわたり厳しい条件下で連続した試験を行う「長期連続試験」をクリアし太陽電池業界で初めて認証を取得しています。
また太陽光発電システムも見た目にも気を配っており、わずかなスペースの屋根にも効率よく多くのパネルを設置できるSAMURAI(サムライ)、広い設置面積の屋根に適したベーシックなECONOROOTS(エコノルーツ)、太陽電池が屋根材として使えるHEYBAN(ヘイバーン)などがあるので、自宅の屋根の形状に合わせて選ぶことができるようになっています。
パワーコンディショナの変換効率の高さで注目されている三菱も取り上げることができます。
屋根を最も有効活用できるサイズや形状のパネルもラインナップしていますので、どのような屋根でも設置することが可能でしょう。
保証に関しての部分も重要になりますが、三菱電機では10年間と20年間の有償保証プランがあるので、火災や落雷だけでなく水害や台風などでも安心することができます。
このように太陽光発電でもメーカーによってさまざまな違いがありますので、それぞれの特長を理解した上で活用するようにしたいものです。

環境・太陽光発電情報!

Copyright (C)2017見比べてみて、太陽光発電〜性能さまざま価格もさまざま〜.All rights reserved.